個人情報保護規程

  • HOME »
  • 個人情報保護規程

青葉会(学校法人青葉学園、学校法人市貝学園、社会福祉法人青葉学園福祉会)は、個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を正確かつ安全に取り扱い、保護することを社会的責務と考え、以下の個人情報保護規程を遵守するよう努めてまいります。

【目的】

第1条
この規定は、社会福祉法人青葉学園福祉会が保有する園児および保護者・家庭に関する個人情報の取扱についての基本的事項を定めることにより、個人の権利利益を保護することを目的とする。

【定義】

第2条
この規定において「個人情報」とは、個人に関する情報であって、特定の個人が識別されるものをいう。

【利用目的】

第3条
保護者より口頭もしくは文書により提供を受けて得た個人情報、または日々の保育業務を通して得た個人情報を、『児童福祉法』および『保育所保育指針』が示している保育所保育の円滑な実施以外の目的で使用することはないものとする。

第4条
監督官庁への各種届出、法律に定めるところの必要書類作成、各種募集等、情報主体の利益享受及び権利の行使に必要と認められる場合は、正当な目的に限り使用する。

第5条
個人情報の利用目的は次のとおりとする。

  1. 園児募集ならびに入園に関する業務
  2. 保護者との連絡に関する業務
  3. 園児の保育に関する業務
  4. 園児の記録管理に関する業務
  5. 園児の健康状態把握に関する業務
  6.  卒園児の確認に関する業務

【収集の制限】

第6条
個人情報を収集する時は、その収集の目的を明確にし、当該目的を達成するために必要な範囲で、提供拒否の可否を明確にし、公正な手段により収集する。

第7条
情報の収集は、児童票、家庭状況表、健康記録表、緊急連絡表など園児保育にあたり必要最小限のものとする。

【個人情報の第三者への提供の制限】

第8条
法人が保有する個人情報は保育目的以外の目的のためには、保護者の同意を得ずに法人内以外の第三者に情報を提供しないものとする。ただし、以下のいずれかに該当する時にはこの限りではない。

  1. 法令などに基づく場合
  2. 園児及び保護者の生命、身体又は財産の保護のために緊急かつやむを得ないと認められる場合
  3. 公衆衛生の向上又は園児の健全な育成の促進のために特に必要があると認められる場合
  4. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託をうけたものが法令の定める事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合
  5. その他、法人以外のものに提供することにつけ相当な理由がある場合であって、園児及び保護者・家族の権利利益を不当に侵害する恐れがないと認められるとき

【個人情報の管理】

第9条
利用する個人情報を正確かつ最新に保つよう努めるとともに、漏えい・滅失又は棄損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずる。

第10条
利用目的を失した個人情報については、法令などに定めのあるものを除き確実かつ速やかに破棄又は消去するものとする。

【職員の義務】

第11条
法人職員は職務上知り得た個入情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。退職した後も同様とする。

【個人情報の開示】

第12条
法人が保有する個人情報について、当該個人情報の本人及び保護者から開示の申し出があった場合、保護者本人であることを確認しこれを開示する。ただし、以下の場合非開示とする。

  1. 開示することにより、第三者の正当な利益を害するおそれがあると認められるとき。
  2. 法令などの規定により、開示することができない個人情報
  3. その他、開示することにより、法人運営・業務に著しい支障を及ぼすおそれがあると認められる個人情報

【個人情報の訂正】

第13条
個人情報の本人又は保護者より訂正の申し出があった場合、保護者本人であることを確認の上、当該個人情報に事実の誤りがあると認められるときはこれに応じる。

【個人情報の使用】

第14条
法人発行のパンフレット・ポスター・ホームページなどへの個入情報の使用に際しては、掲載されている園児・保護者の安全に留意するとともに、掲載されている園児・保護者本人の意見を尊重し使用制限の申し出があったときは、合理的な方法、範囲で速やかに対応するものとする。

【委任】

第15条
この規定に定めるもののほか、この規定の施行に関して必要な事項は、理事長が定めるものとする。

附則    この規定は平成21年4月1日から施行する。

PAGETOP
Copyright © 西が岡保育園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.